COMPANY

会社概要

ご挨拶

“目の前の仕事に真摯に取り組み、挑戦を忘れない”

私は、足場工事という仕事に強い誇りを持っています。建設業の中でも、特に足場工事は体力的に大変な仕事です。しかし同時に「全ての建設作業においてなくてはならない工事」といえます。現場作業員として足場工事に従事する中で、全ての工事の原点にあるこの仕事に強いやりがいを感じ始めた私は「足場工事の会社を経営したい」という夢を持ちました。作業員として足場工事のノウハウを学んだ後、個人事業主として独立。経営者としての経験を積み2020年に「三栄建設」を創立することができました。
私が目指す理想の会社像は「芯のある会社」です。“目の前の仕事に真摯に取り組み、挑戦を忘れない”を芯として成長し続けることを目指しています。会社としましても、おかげさまで工事のご指名をいただく機会が増えてきました。現在では、高い技術と信頼が求められる、ダム工事や橋梁工事などの公共事業もご依頼いただいています。

三栄建設3つの繁栄

三栄建設では、「お客様」、「地域社会」、「会社とその家族」の繁栄に寄与していくことを経営理念としています。

01
お客様の繁栄

弊社の提供する足場工事という作業は、「建設を行うための工事」です。私たちが良い仕事をすることは、お客様のためになり、結果としてその先の施主様のためになります。質の高いサービスを提供することで「お客様と共に発展していける」そんな関係を築き上げていきたいと思っております。

02
地域社会の繁栄

住宅もダムもビルも全てはそこに住む人たちのためのものであり、地域社会と建設業は切っても切れない関係だと考えています。現在私は日本青年会議所に所属し、花火大会やお祭りなどの地域行事の設営・運営を手伝わせていただいています。日々の業務と青年会議所の活動の両立は大変な時もありますが、催しに参加する地域のみなさんのうれしそうな笑顔に見るたびに、地域貢献への想いをより強くしています。

03
会社とその家族の繁栄

社員はかけがえのない「仲間」だと考えています。自分を信じてついてきてくれる仲間たちを「守る」という想いは常に持ち続けてきました。弊社では、雇用保険や労災保険を始めとした各種社会保険を創立当初から完備。また、万が一の事態に備えるために会社として別途保険を用意しています。

未来に向けて

弊社はまだまだ若い会社です。今は皆様からの信頼をいただくためにも、一つでも多くの仕事に取り組み、未来の発展のための土台を作っている時期です。足場も会社もしっかりとした土台の上に組み上げなければ、いくら見た目が立派でも足元は脆く不安定。強固な土台の上にしっかりと芯の通った会社を作り上げるために、従業員一同邁進していきます。

今後とも皆様の一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 三輪 大貴

会社概要

商号株式会社 三栄建設
代表者代表取締役 三輪 大貴  常務取締役 安藤 隆人
所在地〒494-0001 愛知県一宮市開明字東屋敷27番地1
事務所〒494-0001 愛知県一宮市開明西上免10
電話番号0586-82-3227
FAX番号0586-82-3228
創業2019年1月
設立2020年6月
従業員数従業員10名 外部協力員10名
事業内容仮設足場工事、コンクリート打設工事、重機土工、鍛冶工事、足場仮設リース販売
土木建築工事、鳶一式
取引銀行いちい信用金庫 今伊勢支店
尾西信用金庫 本店営業部
中京銀行 一宮南支店
主要取引先総合建設業(ゼネコン) 足場仮設リース会社 専門工事会社 工務店
ハウスメーカー 

沿革

2019年1月三輪興業 創業
2019年11月大型建造物ダム建設工事に参加
2020年6月株式会社三栄建設 設立

マスコットキャラクター

三栄建設のマスコットキャラクター レオくん

三栄建設のマスコットキャラクター

レオくん

このマスコットキャラクターは事務所で飼っているレオパ(ヒョウモントカゲモドキ)をモチーフにかわいらしくマスコットキャラクターにしてもらいました。あまりないトカゲのマスコットキャラクターということでインパクトもかねそなえました。